fbpx

コラム

column

2020.08.28
イオンスチーマーを高く売るコツ
Panasonic パナソニック EH-SA99 スチーマーナノケア W温冷エステ

イオンスチーマーを高く売るコツ

美容家電の中でも安定した人気を誇る「イオンスチーマー」。この記事では、イオンスチーマーをできるだけ高く売却するコツについて解説していきます。

イオンスチーマーとは

イオンスチーマーは、イオンを含むスチームを発生させる美顔器で、パナソニックや美容家電を専門に製造しているメーカーなどが製造しています。イオンスチーマーが発生させるスチームは、とても細かい粒子なので、お風呂から出てすぐのような、もちもちでつやのお肌にしてくれます。イオンスチーマーを使用すると、毛穴が目立たなくなる、化粧のノリがよくなる、などの効果があります。美容はすべての女性に共通する「興味」なので当然ともいえますが、イオンスチーマーは大人気で、中古市場でも多くの需要があります。

イオンスチーマーを高く売るには

「購入してしばらく使ったけど、引っ越しを契機にしまい込んだらあとはそれっきり」などの理由でしまい込んでしまったイオンスチーマーをできるだけ高く売るには、今、やるべきことがあります。また現在、使用中のイオンスチーマーでも、売却を考えるならやるべきことがあります。

きれいにお手入れする

「中古品だから少しは汚れていても仕方がない」

確かに中古品なら、ある程度は劣化している部分もあるかもしれません。しかし、なるべく高く売ることを考えるなら、できるだけきれいにしておく必要があります。おそらく、しまい込んで使っていないイオンスチーマーには、たとえ箱に入れていたとしても、少しホコリがたまっているかもしれません。現在、使用している製品なら、スチームの吹き出し口の周辺が汚れている可能性があります。このようなホコリや汚れは、査定前にしっかり掃除して落としておきましょう。

本来は、購入して使い始めたときから、「使ったらかならず軽く拭き掃除する」などの習慣をつけるのが効果的です。たとえそのときは売る気がなくても、何らかの事情により後日、売却する羽目になることは誰にでも考えられます。普段から大切に使えば、査定を申し込む際にあたふたして掃除する必要などないのです。

水に注意

スチーマーなので当然、水を使いますが、その水に注意する必要があります。水道水、ミネラルウォーター、地下水など、水には種類があり、中には機械にダメージを与えてしまう水もあるので、使用の際は売るときのことも考えて安全な水を使いましょう。精製水なら安心です。水道水は、成分によっては機械にダメージを与えてしまう場合があります。

付属品はすべて保管

中古品を売却する際は、本体だけではなく、付属品もそろっていないと大きく査定額が下がる場合があります。キズや汚れがない、完動品であることはもちろん、箱や取扱説明書、電源コードなど、購入時にそろっていた付属品はすべてしっかり保管しておきましょう。美容家電は、一目見ただけでは使い方がわからないことも多いので、説明書は必要です。動作に関連するパーツがないと、ジャンク品として扱われることもあるので、そうなると値段がつけられない場合もあります。説明書も含め、すべてがそろい、すべてがきれいであればあるほど、査定価格は高くなります。

ほかの美容家電などとの合わせ技も可

イオンスチーマーのほかにも使用していない、または売却してもいい美容家電をお持ちなら、ぜひいっしょに査定に出されることをおすすめします。特に宅配買取査定の場合は、複数のアイテムをひとつにまとめて送ると送料が安くすむので、その分を査定額に還元できる場合があります。

また、裏ワザというわけではありませんが、美容家電の買取店は、香水や化粧品の買取を行っていることがあるので、未開封や、あまり使用していない高級ブランドの化粧品があれば、買取可能かどうかたずねてみましょう。もちろん、「リムーブ」ではこれらもまとめて買取可能です。

なるべく早く売る

美容家電も含め、家電製品はニューモデルが発表されるサイクルが短いので、なるべく早く売ることが買取価格のアップにつながります。ニューモデルが出てしまうとすぐに買取価格は下がり始めるので、もしもニューモデルが出るという情報が入ってきたら、速やかに売却しましょう。

イオンスチーマーを売却する際に注意すること

イオンスチーマーを高く売るコツをご紹介してきましたが、ここからは、イオンスチーマーを売却するに当たりチェックすべきことをご紹介します。状態によっては買い取れない場合もあります。

電源が入らない

電源が入らないということは、そのイオンスチーマーは使えないということです。これでは買取店でも買い取れません。ただ、しばらく使っていないと、自分で使い方を忘れていることもあるので、慎重にチェックしましょう。製品によっては、フタが半開きの状態だと電源が入らない場合があります。

ニオイがある

イオンスチーマーは、独特のニオイがあるので、そのニオイがあっても売却には問題ありません。もちろん、カビが生えてニオイが発生しているのでは問題がありますが、イオンスチーマーに起因するニオイを気にする必要はありません。

買い取れないイオンスチーマーとは

場合によっては買い取れないイオンスチーマーももちろんあります。ひとつは古いモデル。古いモデルは、需要もともかくですが、交換部品がすでに手に入らない可能性があるため、買取が難しい場合があります。もうひとつは医療機器に指定されているもの。これも買い取れない可能性が高いため、事前にお問い合わせください。

人気のイオンスチーマー

ここからは、高額査定の可能性があるイオンスチーマーをご紹介します。

イオンスチーマー ナノケア EH-SA96(パナソニック)

美容家電といえばパナソニック、イオンスチーマーといえばナノケア。EH-SA96は、5種類の自動設定コースをそろえたイオンスチーマーで、スチームとミストなどが組み合わされた「コース」を選ぶことで、肌をお好みの状態に仕上げることができます。

イオンスチーマー ナノケア EH-SA35-P(パナソニック)

こちらのナノケアは、コンパクトタイプのスチーマーです。かわいらしいルックスなので、ちょっとしたインテリアとしての魅力も持っています。「かんたん保湿コース」や「ディープクレンジングコース」など、いくつかのコースが備わっていることが特徴です。アロマタブレット(別売り)を使えば、いやしの美顔ケアを満喫できます。

イオンスチーマー ナノケア EH-SA99-P(パナソニック)

このナノケアは、5種類の自動温冷コースと、2種類の温スチームコースを備える、高性能イオンスチーマーです。美顔効果が実感できるというユーザーも多く、ひじょうに人気です。この機種をお持ちの方は、今が高額査定ゲットの大チャンスです。

イオニック美顔スチーマー EJ-CA010(イーグルジャパン)

こちらはイーグルジャパンが販売する、中国製のイオンスチーマーです。シンプルな仕組みながらもスチームは14分ほど持続するので、あなたの肌をもっちり美肌に仕上げてくれます。元々の販売価格が安いため、買取価格はあまり期待できません。

イオンスチーマーは「リムーブ」へ

イオンスチーマーをはじめとする美容家電の査定は、リムーブにおまかせください。リムーブは美容家電や健康器具に特化した宅配買取専門店です。宅配買取は、忙しい方やプライバシーを重要視される方に適しています。使用していないイオンスチーマーをお持ちの方は、ぜひリムーブまでご連絡ください。

【ビューティ買取専門リムーブはこちら】

 

イオンスチーマーを高く売るコツ

コンテンツ一覧

content list

お問い合わせ先

contact us

お問い合わせはこちら